支援概要

  • 支援予算額
  • 1校あたり 200万円〜500万円
  • 実施協力団体
  • ネパール政府機関
  • 対象
  • カトマンズ市内

ネパールの現状

アジアなどの多くの国々では、地震の際に学校施設が崩壊することにより、次世代を担う貴重な子供たちの命が多く失われています。

支援の目的

より安全な学校で学べるよう、地震の発生する可能性の高い地域の学校施設を耐震補強します。また、子供たちに訓練などの防災教育を実施します。

期待される効果

防災教育をうけた子供たちが各家庭で家族に防災知識を伝えることで、地域社会で地震災害への防災意識が高まることが期待されます。また、耐震補強の技術を地域社会に移転することができます。

その他

建築物には、ご支援いただいた団体、または個人の名称やロゴマークを付けることが可能です。

このデータは2013年2月現在のものであり、支援予算額は概ねの目安です。
また、現地の政治・経済情勢などにより、実施が困難となる場合もあることをご了承下さい。
最新の情況については、下記までお問い合わせ下さい。

ホームに戻る PDFで表示 お問い合わせ
TOP