アジア3R推進フォーラム第3回会合
2011年10月5日 - 10月7日
シンガポール

アジア3R推進フォーラム第3回会合が、2011年10月5日〜7日にシンガポールで開催されました。本会合は、日本環境省、シンガポール環境水資源省・国家環境庁とUNCRDが共催し、国際連合工業開発機関(UNIDO)、ドイツ国際協力公社(GIZ)、財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)と東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)の協力をうけて実施されたものです。

本会合にはアジア・太平洋地域から23カ国の政府代表(バングラデシュ、ブルネイ、カンボジア、中国、フィジー、インド、インドネシア、日本、キリバス、韓国、ラオス、マレーシア、モルディブ、モンゴル、ミャンマー、パラオ、フィリピン、サモア、シンガポール、ソロモン諸島、タイ、東ティモール、ベトナム)と国際機関、NGO、研究機関など、総勢150名が参加しました。

本会合では、「東京3R宣言」の優先課題のひとつとして挙げられた「廃棄物管理・3R分野における環境配慮技術(開発途上国のニーズに合い、コスト効率が高く、実行可能な技術)の開発と移転」に焦点をあて、「3R促進に向けた技術移転〜適切な技術の適応、実施、拡大〜」をテーマとして政策対話を行いました。本会合の成果は、シンガポール国家環境庁のアンドリュー・タン長官の全体議長のもとで、議長サマリーと付属文書「アジアにおける資源効率的な社会の達成に向けた3Rに関するシンガポールフォーラム提言 」としてとりまとめられました。シンガポール提言は、3Rと資源効率性との密接な関係に着目し、廃棄物管理にとどまらず、農業や工業など広範なセクターでの3R推進を提言するものです。また横断的な課題として、ゼロ・ウェイストに向けたパートナーシップや知識基盤・研究ネットワークの強化、市民意識の向上、制度の整備などにも言及しています。議長サマリーとシンガポール提言は、ホスト国であるシンガポール政府により、リオ+20へのインプットとして提出されました。

国別報告、都市レポート、発表資料等はこちら(英語ページ)から




これまでのフォーラム
アジア太平洋3R推進フォーラム
アジア太平洋3R推進フォーラム 第7回会合(2016年11月・オーストラリア)
アジア太平洋3R推進フォーラム第6回会合(2015年8月・モルディブ)
アジア太平洋3R推進フォーラム 第5回会合(2014年2月・インドネシア)
アジア3R推進フォーラム 第4回会合(2013年3月・ベトナム)
アジア3R推進フォーラム 第2回会合(2011年10月・マレーシア)
アジア3R推進フォーラム(2009年11月・東京)
アジア3R推進フォーラム準備会合(2009年6月・東京)

公開報告会
アジア太平洋における3R推進のための重層的な連携に関する名古屋公開報告会(2014年4月・名古屋)

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ