インドネシア国家3R政策形成に関する初協議会合
3R:リデュース、リユース、リサイクル
2006年08月6日 - 08月8日
ジャカルタ(インドネシア)

UNCRDとインドネシア環境省は、標記会合を財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)と共催しました。この会合には、インドネシア環境省の異なる担当部署からの役員、その他主要な政府省庁や産業組合などのほか、学術的協力機関であるバンドン工科大学からの代表も参加しました。

会合の目的は、(1)国家3R戦略のもとで取り上げるべき国家優先課題を特定すること、(2)戦略の骨組みを明確にし、戦略策定に関するガイドラインについて合意すること、 (3)国家3R作業部会(主要なステークホルダーからの代表とインドネシア環境省のリーダーシップのもと設立される予定)を組織することを含めた戦略形成のための実施体制について話し合うことの3点でした。

会合では、統合的な廃棄物の発生削減・減量化の戦略として、3Rの重要性が強調されました。インドネシア環境省とUNCRDからの3Rの構想や先進事例に関するプレゼンテーションやグループ討議に続き、出席者は、インドネシア国家3R戦略の草案や提案された実施体制について合意しました。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ