SWEEP-Net 地域フォーラムとIPLA サイドイベント
2012年05月15日 - 05月17日
マラケシュ(モロッコ)

IPLA の北アフリカ・中東地域の準地域事務局を務める廃棄物情報技術共有ネットワーク(SWEEP-Net)が、「中東および北アフリカ地域における廃棄物セクターのグリーン化による経済的・環境的可能性」をテーマにした第2回地域フォーラムを開催し、UNCRD は基調演説を行うとともに、IPLA のサイドイベントに参加しました。

同フォーラムでは、「廃棄物セクターのグリーン化に向けたマラケシュ宣言」が参加者間で採択されました。同宣では、北アフリカ・中東地域において廃棄物セクターの環境配慮を推進し、3R の推進等によって資源効率性を高め、ゼロ・ウェイスト社会を構築していく上での官民それぞれの役割を確認するとともに、IPLA の目標やゼロ・ウェイストに向けた宣言(2011 年10月に韓国・邱市で合意)を支持しています。マラケシュ宣言は、今後アラブ諸国地域において推進されていくことが期待されます。また、同宣言は、リオ+20 におけるIPLA のサイドイベントでも発表されました。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ