IPLA 特別イベント:グリーン経済に向けた ゼロ・ウェイストの取組み~地方自治体の役割
2011年10月17日 - 10月18日
大邱(韓国)

UNCRD は国際固形廃棄物協会(ISWA)国際会議の期間中、韓国環境省と共催、および韓国廃棄物学会(KSWM)、ISWA の後援の下、標記IPLA 特別イベントを実施しました。

本会議には、IPLA のメンバー、各国の地方自治体、政府、研究機関、民間企業、NGO、国際組織や国連機関の代表者約70 名が参加し、グリーン経済に向けたゼロ・ウェイスト政策や資源効率への取り組みの必要性、パートナーシップの重要性、廃棄物管理における民間企業との協力の拡大などについて議論しました。

また、IPLA の目的を再確認するとともに、具体的な活動への期待やポータルサイトの 機能、各地域事務局の役割などについて話し合いました。さらに「ゼロ・ウェイストに向けた取組みに関するIPLA 宣言」が参加者により同意されました。この宣言では、地方自治体による持続可能な廃棄物管理サービスの向上に向け、様々なセクター間の協力やパートナーシップ促進の重要性を確認するとともに、ゼロ・ウェイストや資源効率といった政策課題の主流化、グリーン経済に向けた都市開発戦略などの必要性が唱えられています。

プログラム・発表資料等はこちら(英語ページ)


過去・最新のフォーラム


IPLAグローバルフォーラム
IPLA2014グローバルフォーラム(2014年9月)
IPLA2013グローバルフォーラム(2013年9月)
IPLA2012グローバルフォーラム(2012年9月)
IPLA特別イベント(2011年9月)

IPLA地域フォーラム
IPLA2014ヨーロッパフォーラム(2014年5月)

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ