国連持続可能な開発委員会(CSD)第18回・19回会合(CSD18/19)に向けた会期間会合−開発途上国の廃棄物管理の拡充に関する国際会議
2010年03月18日 - 03月19日
東京

地球サミットで採択された「アジェンダ21」の取組状況を審査している国連持続可能な開発委員会(CSD)では、2010年から2011年にかけて開催されるCSD第18回・19回会合(CSD18/19)において、「廃棄物管理」をテーマの一つに掲げています。2010年5月に開催されるCSD第18回会合(CSD18)では、「廃棄物管理」をはじめとするテーマに関して、各国の取組状況の評価が行われます。

UNCRDはUNDESA、日本環境省との共催により、CSD18/19に向けた会期間会合として、「開発途上国の廃棄物管理の拡充に関する国際会議」を開催しました。会議には、ルイス・アルベルト・フェラーテ・フェリス氏(CSD18議長、グアテマラ環境天然資源大臣)をはじめ、各国政府担当者、地方自治体、廃棄物処理業者、市民団体、国際機関、専門家等約90名が参加しました。会議では、世界の廃棄物管理の現状と課題、適正な廃棄物管理や3R推進に係る方策などについて活発な議論が行われ、幅広い提言が議長サマリーとして取りまとめられました。議長サマリーはCSD18に提出され、廃棄物管理に関する議論の進展に寄与することが期待されます。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ