ベトナム研修フォローアップセミナー(2000)
2000年08月22日 - 09月1日
ハノイ(ベトナム) ほか

UNCRDは、国際協力事業団(JICA)と共催で、ベトナム政府および地方自治体職員を対象に「都市開発の計画と管理」研修を実施しています。1999年秋に行われた第1回研修では、日本の行政機構や計画システムを学ぶとともに、都市開発、環境管理などについてベトナムの現状を分析し、その結果を踏まえて、都市計画法の策定に関するアクションプラン(自国の実状に合わせて導入する場合の具体的な行動計画)を作成した。2001年2月-3月に実施される第2回研修をより成果のあるものにするため、UNCRDはハノイ、ダナン、ホーチミンの各都市で標記セミナーを開催し、それぞれ、都市開発に携わる行政官など約10名が参加しました。

セミナーでは、第1回研修生が作成したアクションプランの進捗状況やベトナムの都市環境を取り巻く現況が報告されました。特にハノイでは、都市計画法に関するアクションプランの重要性がベトナム建設省によって認められ、今後本格的な法策定の準備段階に入ることが明らかになりました。

また、UNCRD研究員が関係諸機関を訪れ、都市開発に関する現地調査を行った結果、生活基盤整備の遅れや生活環境の悪化、資金循環システムや組織間調整機能の欠如など、現在のベトナムが抱える問題が改めて浮き彫りとなりました。

このような調査結果をもとに、第2回研修では、市民生活の基本となる「住環境」に焦点を当て、日本やアジア各国の住宅政策についての講義を行うほか、日本のニュータウン開発や土地区画整理事業、市街地再開発事業などの現地視察を通じ、ベトナム独自の住環境改善策を検討します。なお、アクションプランの実施については、引き続きUNCRDが支援を行う予定です。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ