第6回ケニア地域開発計画ワークショップ(2002:ニャンダルア県)
2002年06月11日
ニャンダルア県(ケニア)

UNCRDアフリカ事務所はケニア政府、ナイロビ大学と共同で標記ワークショップを開催しました。これはUNCRDの技術協力支援プログラムの一つであり、ニャンダルア県の地域開発のための組織力の向上、および地域開発を担当している行政官の計画策定・実施に必要な技術の習得、などを目指して実施されました。第6回目となった今回は、利害関係者から計画草案に対する批評や提言を受けることに重点が置かれ、国会議員、政府行政官、農民、コミュニティの指導者など119名が参加しました。

ワークショップの第1部では地域開発の機会と問題点、第2部では開発戦略と計画、がテーマとされ、各セッションの後には利害関係者から質問やコメント、提案などが出されました。関係者らは、計画実施に向けた入念な準備を要求し、またニャンダルア県の経済開発と貧困削減に寄与する計画に関心を寄せました。さらにワークショップでは、UNCRDが実施してきた同県の地域開発計画策定に向けたこれまでの経験を今後文書化し、広く他の県でも用いられるようにするべきであるとの提案がなされました。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ