第1回都市計画管理ワークショップ(2001:ケニア)
2001年12月5日 - 12月6日
ナイロビ(ケニア)

ナイロビでは、他のアフリカ諸都市と同様に、人口増加に伴う都市化の進展によって、生活や労働などの都市環境が悪化していまする。その上、投資や土地管理等に関する必要な枠組みや、地方経済の発展を促進する効果的な都市政策・計画が十分ではありません。そのためナイロビでは、政治・商業的首都として、地域経済の中心として、また国際都市として、ふさわしい都市計画が必要とされています。

そこでUNCRDアフリカ事務所はナイロビ市議会と共同で、同市における都市開発計画の策定および管理能力を促進することを目的に、標記ワークショップを開催しました。これは、同市議会と共同で実施する一連の研修ワークショップの第1回目となります。ワークショップには、アフリカ地域開発研修コース(上記参照)修了生6名と同コースの講師2名、およびナイロビ市議会から56名の議員、43名の行政官が参加しました。UNCRDアフリカ事務所やナイロビ大学の専門家などが講師を務め、都市計画と管理に関する講義を行い、新たなナイロビ開発計画の策定と実施の枠組みを検討しました。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ