第2回中国研修コース
「中国西部地域における持続可能な開発、環境保全および国際協力」
2000年07月3日 - 07月6日
四川省成都市(中国)

中国政府は、内陸地域と沿海地域の経済格差解消、貧困撲滅、環境・国土保全、人材育成等の課題にとりくむための、大規模な西部地域(内陸)開発構想を2000年3月に打ち出しました。 UNCRDはこの国家プロジェクトを支援するため、中国科学技術協会(CAST)、中国アジェンダ21管理センターおよび中国四川省と共催で、中国科学技術省、日本国際協力銀行(JBIC)、国際開発高等教育機構(FASID)の協力を得て、標記研修を実施しました。

これは、1999年に中国雲南省においてCASTと共同で実施した「21世紀に向けた中国の持続可能な地域開発計画、防災管理および国土保全」研修に続くものであり、今回は中国西部における持続可能な開発、環境保全および国際協力に焦点をおき、 (1)環境保全と経済開発の両立を実現する開発方式の模索、(2)持続可能な地域総合開発を促進するための中央・地方政府の制度づくりの支援、(3)省と県レベルの政府職員の能力づくり、(4)西部開発における政府、民間、NGO、各国政府、国際機関との協力のあり方に関する情報と意見交換、などを目的としました。

この研修には、中国科学技術省、中国科学院地理研究所などの中央政府省庁や国家学術機関、国際機関から25名の講師を招き、中央と地方各省の政府機関から104名が参加しました。 地域開発と環境マネジメントに関する理論、西部開発に向けて経済・社会発展を促進するための政策、長江上流における地域開発と環境保全に関する問題等についての経験や情報の交換が行われました。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ