公開国際シンポジウム
「アジアにおける環境的に持続可能な交通(EST)」
2015年03月19日
名古屋

UNCRDは名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センターと共催で、国際公開シンポジウム「アジアにおける環境的に持続可能な交通(EST)」(“Public Symposium on Environmentally Sustainable Transport (EST) in Asia”) を開催いたしました。

今回のシンポジウムは、国内外における交通・環境政策の専門家の方々を広くお招きして、日本の行政、研究、民間セクターが途上国における持続可能な交通や発展の必要性を分かち合うとともに、EST推進のために民間・金融セクターが果たすことのできる役割について討議しました。またUNCRDは、昨年の11月にスリランカにおいて環境省とともに開催した第8回アジアEST地域フォーラムの成果(コロンボ宣言京都宣言追記)についても報告しました。

日  時: 平成27 年3 月19 日(木) 13:00 - 17:00
場  所: 名古屋大学東山キャンパス 環境総合館1 階 レクチャーホール
共  催: 名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター(SusCoDe)、
      国際連合地域開発センター(UNCRD)
対  象: 一般
言  語: 日英同時通訳
参加費: 無 料(要申込み)
お申し込み先: 氏名、所属先、メールアドレスを明記のうえ、(estasia@ercscd.env.nagoya-u.ac.jp)までお申し込みください

※お申し込み受付は終了いたしました


【プログラム】
13:00 – 13:20  開会の辞
13:20 – 13:45  「アジアEST地域フォーラムの成果」 (UNCRD)
13:45 – 14:10  基調講演「バンコク2020宣言を越えて」(名古屋大学・共発展センター)

パネルディスカッション
14:10 – 15:20  セッション1:「統合的EST政策とレジリエンス(社会の復元力)」
15:20 – 15:30  休憩
15:30 – 16:40  セッション2:「PPP−ESTのための戦略的金融・投資」
16:40 – 16:50  まとめ(UNCRD、共発展センター)
16:50 – 17:00  閉会の辞

お問合せ先: 笠原 塩見(名古屋大学大学院環境学研究科/附属持続的共発展教育研究センター 特任助教) 
Tel:052-747-6548 メール:kasahara.shiomi@i.mbox.nagoya-u.ac.jp

シンポジウム当日の詳細はこちらをご覧ください:センターからのお知らせ

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ