持続可能な都市に関するハイレベルシンポジウム:アジアの市長による特別セッション・京都宣言追加署名式
2015年01月16日
豊田市

2015年1月15日から16日にかけて国連と豊田市により共催された『持続可能な都市に関するハイレベルシンポジウム〜人と環境と技術の融合〜』において、UNCRDは、アジアの市長による特別セッション・京都宣言追加署名式を執り行いました。署名式は豊田市長が議長を務め、豊田市、インドネシア・バンドン市、マレーシア・南クチン市の市長が「京都宣言追記(2014年11月採択)」に署名しました。また、シンポジウム初日に参加した中国・揚州市も式に先立って署名を行いました。さらに、名古屋市と住田町も京都宣言への賛同意志を表明し(署名は後日)、計6都市が京都宣言追記に新たに加わりました。


            豊田市                            マレーシア・南クチン市                インドネシア・バンドン市                中国・揚州市


            住田町                                 名古屋市


京都宣言及び追記には2015年1月現在16ヵ国51都市が賛同しています。

京都宣言追記(仮訳)*51都市/2015
Addendum to Kyoto Declaration(京都宣言追記・英語)*51都市/2015


これまでの署名式

アジア市長会議:第8回アジアEST地域フォーラム (2014年11月・コロンボ)47都市
都市における環境的に持続可能な交通に関する「京都宣言」追加署名式:気候変動緩和・燃料効率・持続可能な都市交通に関する国連フォーラム (2010年3月・ソウル)44都市
都市における環境的に持続可能な交通に関する「京都宣言」追加署名式:ベター・エア・クオリティ・アジア(BAQ)ワークショップ2008 (2008年11月・バンコク)34都市
アジアの市長によるESTに関する国際会議 京都宣言署名(2007年4月・京都)22都市

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ