地域計画と地域開発に関するフォーラム
2013年06月25日
ボゴタ(コロンビア)

UNCRDはボゴタ市との間の覚書の下で、地域開発計画と管理に関する能力形成プロジェクトを実施してきましたが、このたびボゴタ市計画局と共催で標記フォーラムを開催し、このプロジェクトの終了となりました。

このフォーラムの目的は、(a)プロジェクトによって導き出された教訓や結論をボゴタの地域統合に関わっている関連政府機関や組織に向けて情報発信すること、(b)周辺地域との地域統合プロセスに直⾯面しているボゴタ市の取組みについて討議すること、(c)地域問題に対して従来の調整が可能な組織間のメカニズムのみならず、ラテンアメリカ諸国および諸地域の地域統合のための協力的指標の使用に関係する諸事例を分かち合うことの3点でした。

フォーラム終了時の参加者からのアンケートでは、発表者やパネリストの専⾨門性がテーマに合致していた結果、講義や討議が有益なものとなったことや、地域内の異なる団体間でこのような調査・議論・分析などを行うフォーラムを組織することの重要性など、フォーラムに対して極めて高い評価を得ることができました。また参加者からは、今後のテーマとして、環境、統治、地域機構、経済生産と商業、社会と安全保障、脆弱層の地域的インパクトなどの提案がありました。さらには、次回の事業はボゴタ地域の計画および開発をより総合的に理解するために、中央政府や地域代表のより広範で多様な意見を含めるべきとの意見も出されました。

このフォーラムには、中央および地域レベルの行政官をはじめ、ラテンアメリカの地域統合に関心のある専門家や機関代表ら約150名が参加しました。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ