ボゴタ・クンディナマルカ地域開発国際フォーラムおよび第5回地域開発管理研修
2005年11月28日 - 12月2日
ボゴタ(コロンビア)

(国際フォーラム)

BCRPBの経験を他の地域と共有し、地域開発の課題について議論することを目的として、国際フォーラムを開催しました。 このフォーラムには、ボゴタ・クンディナマルカなどコロンビアの自治体関係者、NGO、民間団体、専門家、学識経験者など約250名が参加し、モザンビーク、ブラジル、アルゼンチンの専門家のほか、カリフォルニア大学、ワシントン大学、マサチューセッツ工科大学からの講師とともに、地域における産業生産性、交通利便性、飲料水、居住環境、水資源管理、行政組織のあり方や統治機能などについての議論が繰り広げられました。 また、UNCRDラテンアメリカ事務所がBCRPBから「都市から地方へ−ボゴタ・クンディナマルカにおける総合的地域開発」というテーマで、地域開発の経験やそこから学んだことについての発表があり、ボゴタ・クンディナマルカのプロジェクト5年間の経緯についての20分間の映像が公開されました。

(第5回地域開発管理研修)

国際フォーラムと並行して、「ボゴタ・クンディナマルカ地域アジェンダ2005−2008」の実施に向けた地方自治体職員の育成を目的として、2005年3月の第4回に続く第5回地域開発管理研修を実施しました。 今まで実施してきた研修における参加者は、主にボゴタ及びクンディナマルカの中央政府職員でしたが、今回は、クンディナマルカの116の自治体職員とボゴタの20の地方事務所職員を対象にしたもので、今までの研修に参加した中央政府職員が講師をつとめました。

研修内容は今まで実施してきた研修同様、参加型手法により行われ、実際のプロジェクトに関する情報や研修参加者の実務内容に沿った情報をもとに、実践的なプログラムで構成されました。研修参加者は、実際のプロジェクトに関する様々な課題についての講義やグループディスカッションを通して、いかにしてボゴタ-クンディナマルカの地域の統合過程に、各地域行政主体の参画を得るか、その場合の効果などについて理解を深めました。 この研修の成果は、研修終了時に発表され、今後、BCRPBが研修を実施していく際の参考とされます。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ