JICA中部センターのインターン生にUNCRDについて講義 - 2019年08月26日

UNCRDは、独立行政法人国際協力機構(JICA)中部センターのインターン生に対しUNCRDおよびSDGs推進に向けたUNCRDの活動について講義を行いました。

講師を務めた環境プログラムコーディネータのC.R.C.モハンティは、 主に環境的に持続可能な交通(EST)、3R(リデュース、リユース、リサイクル)/廃棄物管理、および地方自治体の廃棄物管理サービス拡大のための国際パートナーシップ(IPLA)に焦点をあて、プラスチック廃棄物の問題や廃棄物による沿岸および海洋生態系への影響などについて様々な事例を用いて講義。また、「ゼロ・ウェイスト」社会への移行に関連して線形経済と循環型経済の違いについて説明しました。

Copyright(C) 2001-2019 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ