(募集を終了しました) [公開セミナー] 地域で進める持続可能な開発目標(SDGs) (開催日:2017年2月6日) - 2017年01月22日
2015年9月、各国首脳は次の15年を見据え、新たな持続可能な開発アジェンダ「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択しました。このアジェンダは、人間・地球及び繁栄のための行動計画として、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動など、17の「持続可能な開発目標(SDGs)※」を掲げています。

国連に加盟する全ての国が2030年までにSDGsの達成を目指すためには、国だけではなく地域からの底上げも必要になることから、昨年末に政府が日本のSDGs実施指針を作成した中で、持続可能な社会の実現に向け、この中部地域ではどのように取り組んでいったら良いのか、何が出来るのかについて考えます。

※参考:国連本部のサイト(英語)、又は国連広報センターのサイトをご覧ください


日  時: 2017年2月6日(月)14:00〜16:10 (開場13:30)

場  所: 名古屋ルーセントタワー16階 会議室F&G
      (名古屋市西区牛島町6番1号)

対  象: 一般 

定  員: 70名 (参加費無料、要申込) 

申し込み: 受付を終了しました。

内  容: 基調講演では、国連経済社会局統計部次長よりSDGsの概要と実施状況等を説明いたします。その後のパネルディスカッションでは、各分野の有識者の方々にパネリストとして登壇していただき、それぞれの立場からSDGsの実施を地域で進める為には何をしたらよいかをお話し頂く予定です。
(チラシはこちらをご参照ください)


基調講演 14:05-14:35
  講演者: 大崎(富田) 敬子氏  国連経済社会局統計部次長

パネルディスカッション 14:35-16:05
  モデレーター:
  アーナンダ・クマーラ氏  名城大学外国語学部学部長・教授

  パネリスト:
  稲場 雅紀氏    「動く→動かす」(GCAP Japan) 事務局長、SDGs市民社会ネットワーク事務局責任者 事務局長
  大崎(富田) 敬子氏  国連経済社会局統計部 次長
  竹谷 理志氏    環境省総合環境政策局環境計画課 課長補佐
  藤川 清史氏    名古屋大学大学院国際開発研究科 教授




主催 国連地域開発センター
共催 国連地域開発センター協力会

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ