地域開発 - 社会的課題(人間の安全保障)
環境
防災管理計画
社会的課題
地域開発

総合的地域開発のための南南協力

概要

コロンビアの首都ボゴタは人口およそ700万、また人口200万のクンディナマルカ県は116の地方自治体から構成されていますが、それぞれの県域や市域にまたがって司法および行政上管轄する広域行政圏は存在していません。 UNCRDラテンアメリカ事務所はコロンビアの政府や主要関連団体が、環境、社会、経済開発の技術的および組織的能力を育成し、戦略的に対策を共同で計画・実施することができるよう、ボゴタ‐クンディナマルカ地域開発委員会を積極的に支援し、優先課題の特定と未来構想の共有、さらに直面している脅威や障害の解決策を探る作業を継続してきました。

プロジェクトではすでに関連する講義が行われており、他の地域に応用できるものとしてコロンビア、アルゼンチン、チリから同様の研修依頼がラテンアメリカ事務所に寄せられ、2004年の前期にはコロンビアのアンティオキア‐メデリン地区とコーヒー栽培地区、アルゼンチンのコルドバ、ネオケン、ブエノスアイレスそしてチリのサンティアゴで会議が開催されました。

技術協力の要請に応えて、UNCRDとラテンアメリカ事務所は、総合的な地域開発に関心を示す地区との連携を目指して南南協力計画を打ち立て、2004年9月にはそれぞれの経験、知識、情報を交換し国際的な技術協力を行うためのワークショップを開催しました。 また県知事、市長、関係省庁、地域のNGO関係者、国内外の大学研修センターや国際機関の開発部門などからの参加による、地域内での協力機関ネットワークの設立も期待されています。

アルゼンチン中央地域における戦略的開発計画支援ワークショップ(2007年11月)
南南協力プログラムワークショップ(2007年3月)
メデリン・アンティアオキア総合地域開発管理のための行動計画策定ワークショップ(2004年8月、12月)
総合的地域開発のための南南協力に関するワークショップ(2004年9月)
Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ