UNCRDセミナー

UNCRDセミナー

アジアの新しい認識
(2)「アジア諸国のダイナミズム」(11月19日)

講師:UNCRD所長 小野川和延

(1)「アジアにおける日本の位置づけ」(9月11日終了)
(3)「日本とアジアの新しい関係」(1月予定)


国連地域開発センター(UNCRD)は、「アジアの新しい認識」と題し、3回連続のUNCRDセミナーを開催します。

【セミナー概要】

今、アジアの国々はダイナミックに動いている。 中国、インドの新興経済発展国は言うに及ばず、ベトナムなど新しいASEANのメンバーやバングラデシュなどの南アジアの国々の経済発展や環境に対する認識は目を見張るものがある。 その中で、GNP世界第2位の日本はどこに行こうとしているのか?アジアにおける日本の立場はどうなるのか? 日本はどのような形でアジアと連携していくべきか?を考える3回連続セミナーの第2回目。

講師は、小野川和延UNCRD所長が務め、テーマについて会場の皆さんと積極的な意見交換も行います。 シリーズ第2回の今回は、アジア各国が経済・環境分野などにおいていかにダイナミックかつ力強いアプローチを展開しているかなどを紹介するとともに、一方で途上国がかかえる現在の環境問題と日本が経験した公害問題との類似性についても紹介します。

UNCRDセミナー「アジアの新しい認識」
(2)「アジア諸国のダイナミズム」
講 師: 小野川和延 UNCRD所長
日 時: 11月19日(水) 18:45-20:30
場 所: 名古屋国際センタービル 3階 第二研修室
〒450-0001名古屋市中村区那古野1-47-1
(地下鉄桜通線「国際センター」駅すぐ)
その他: 参加費無料。
定員60名。先着順。
主 催: 国連地域開発センター 
国連センター協力会

【講師略歴】

小野川和延(おのがわ・かずのぶ)UNCRD所長

1972年京都大学工学部卒。同年環境省(旧環境庁)入庁。 1988年国連環境計画(UNEP)アジア太平洋地域事務局次長(タイ)、1993年環境庁大気保全局特殊公害課長、1996年国際応用システム解析研究所上席研究員(オーストリア)、1997年国立環境研究所主任研究企画官、2000年中東欧地域環境センター事務局次長(ハンガリー)。 2002年7月1日から現職。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ