UNCRDについて

国際連合地域開発センター(UNCRD)は、所長室、総務部、情報サービス、調査研究および研修を担う経済・社会開発、環境、防災管理計画の各ユニットから成り立っています。

世界各地域の代表委員から成るUNCRD顧問委員会は、原則的に年に1回開かれ、UNCRDの事業評価と今後の指針について勧告を行います。

UNCRDの職員は、専門官、研究員、派遣職員(地方自治体出向者他)、一般職員、助手によって構成されています。またインターンシップ制度をもうけ、UNCRDの活動に関心のある大学院生を常時受け入れています。

UNCRDは、ニューヨーク本部の国際連合経済社会局(UN/DESA:United Nations Department of Economic and Social Affairs)に属しています。


2016年6月現在

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ