UNCRDと持続可能な開発目標(SDGs)

2015年9月、各国首脳は次の15年を見据え、新たな持続可能な開発アジェンダである「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030アジェンダ)」を採択しました。この2030アジェンダは、人間・地球及び繁栄のための行動計画として貧困や飢餓、環境保全、エネルギー、気候変動、平和と公正、パートナーシップなど、世界共通の目標として17の「持続可能な開発目標(SDGs)」と169のターゲットを掲げています。また、2030アジェンダは、「誰一人取り残さない」という理念の下、先進国、開発途上国を問わず、地球に住む一人ひとりが持続可能な社会への実現に向けて進んでいくことを求めています。それにはまず、一人ひとりが自分自身で出来ることに取組む。そして、都市や地域は、その特徴や特性に合わせて取組みを築き上げていくことが目標達成に向けた大切なプロセスになってきます。

UNCRDは、設立以来進めてきた統合的地域開発計画のアプローチは、地域のSDGsの達成に適していると考えています。今後も、地域開発計画と中部地域における持続可能な地域開発の取組みの事例を、開発途上国の地域開発の現場において共有し、さらに具体的な取組みとしてどう取り入れるかを視野に、持続可能な地域開発を通じてSDGsの達成と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

地域で進めるSDGsに関連する主な事業

地域で進める持続可能な開発目標(SDGs) (2017年2月6日・名古屋)

UNCRD設立45周年記念事業(2016年8月30日-9月1日・名古屋、豊田市)

<参考>:国連本部のサイト(英語)、又は国連広報センターのサイトをご覧ください
Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ