地域開発 - 社会的課題(人間の安全保障)
環境
防災管理計画
社会的課題
尾張旭市役所にてSDGs研修を実施 - 2019年07月11日
尾張旭市役所において、UNCRDの協力のもと、SDGs職員研修が実施されました。研修は午前と午後2回に分けて実施され、計48名の職員が参加しました。

冒頭、川本健康都市推進室長、UNCRDの遠藤所長の挨拶の後、健康都市推進室の谷口室長補佐より、「健康都市の取組とSDGs」と題して市の取組みについて紹介がありました。続いて、UNCRDの浦上研究員がファシリテーターとなって、SDGsのカードゲームを使ったワークショップが行われました。参加者は、役職や職種にとらわれず、楽しみながらカードゲームを体験しました。

研修を通じて、参加者は市の取組みについて理解を深める一方、ゲーム体験後のグループワークやアンケートを通じて、気付きや学びを共有し、職場でどのように活かせるかを考えました。

学んだことが職場で情報共有され、市役所全体でSDGsに対する理解が深まることが期待されます。
また当日はの様子は中日新聞なごや東版にも掲載されました。
Copyright(C) 2001-2019 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ