ブカラマンガ都市圏戦略計画策定プロセス技術協力プロジェクト・ワークショップシリーズ
2017年07月1日 - 2018年06月30日
ブカラマンガ(コロンビア)

ラテンアメリカ諸国では、持続可能な開発に向けた統合的地域開発計画(IRDP)の策定と実施に対する需要と関心が高まっています。UNCRDでは、ラテンアメリカおよびカリブ海事務所(2016年閉鎖)のIRDP関連事業の実績を引き継ぐ形で、都市圏における統合地域開発計画(IRDP)のプロジェクトを立ち上げました。ブカラマンガ都市圏は、ブカラマンガ市(Bucaramanga)、ピエデクエスタ市(Piedecuesta)、ギロン市(Giron)、フロリダブランカ市(Floridablanca)の4つの都市から成り、コロンビアでは二番目に大きい都市圏です。プロジェクトでは、ブカラマンガ都市圏戦略計画(PEMOT)策定プロセスの支援と人材育成を行っています。

ワークショップ・シリーズでこれまで実施されたキャパシティー・ビルディングのためのテーマ別ワークショップは以下の通り。

- 2017年7月18日 ブカラマンガ都市圏戦略計画(PEMOT-METROPLAN)の開発に関するワークショップ(参加者25名)
- 2017年7月25日 自然環境に関するワークショップ(参加者数:51名)
- 2017年8月15日 道路と交通に関するワークショップ(参加者数:60名)
- 2017年9月6日 インフラと公共施設に関するワークショップ(参加者数:50名)
- 2017年10月4日 住宅に関するワークショップ(参加者数:40名)
- 2017年10月24日 公共空間に関するワークショップ(参加者数:30名)
- 2017年11月15日 都市農村連帯に関するワークショップ(参加者数:40名)
- 2018年1月31日〜2018年2月1日 PEMOT-METROPLANの策定に関するワークショップ(参加者数:26名)

上記ワークショップには、ブカラマンガ都市圏の市政府、中央政府、公益事業会社および民間セクターの代表者らが参加しました。コロンビアでのIRDPの策定や実施の経験が、他のラテンアメリカ諸国によっても有益なものとなることが期待されます。

Copyright(C) 2001-2017 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ