一般公開セミナー「国連を職場として」
2016年12月22日
名古屋市

UNCRDは、2016年12月22日にミッドランドホール5階の会議室Aにおいて一般公開セミナー「国連を職場として」を開催します。
「国連」にはさまざまな機関、計画や基金があり、その仕事や役割はそれぞれ違います。国連機関で活躍するパネリストの方々に「どのような仕事をしているか」「どうやって働くようになったか」、などお話いただきます


【プログラム】
(チラシはこちらをご参照ください)


第1部 14:00-15:55 パネルディスカッション 「国連を職場として」
国連機関で働くことの魅力とやりがいについて、様々な経歴を持つパネリストの生の声をお届けします。

モデレーター・パネリスト  国連地域開発センター(UNCRD) 所長 / 高瀬 千賀子
パネリスト        国連西アジア経済社会委員会(UNESCWA)(レバノン) 総務チーフ / 池田 明子
            国連ハビタット(UN-Habitat)アジア太平洋地域本部  本部長補佐官 / 星野 幸代
            国連森林フォーラム(UNFF)事務局 準専門家 / 氏橋 亮介

第2部 16:05-17:00 ガイダンス 「国際機関就職ガイダンス」             
国際機関に就職するにはどのような方法があり、どのようにキャリアを構築していくのかを分かりやすくご説明します。

講師  外務省 国際機関人事センター長  阿部 智


主催 国連地域開発センター
共催 国連地域開発センター協力会

More Information

Copyright(C) 2001-2014 United Nations Centre for Regional Development - Nagoya, JAPAN | ご利用規定 | プライバシーについて | お問合せ | サイトマップ